審美歯科で歯綺麗|綺麗な歯にして眩しい笑顔を手に入れよう

異なる金額

 

矯正に必要な費用と傾向

矯正歯科医院にて、歯列矯正にかかる費用は患者の症状や矯正器具の種類によって異なります。例えば、歯の表面に装着するブラケットは費用が抑えられますし、メンテナンスの難しい裏側に装着するブラケットだと費用はかさんでしまいます。それぞれの器具には長所があるため、価格だけで決めることは出来ることなら無いようにしたいところです。 矯正歯科医院ごとに見る価格の差はわずかながら存在します。特に、患者数の多い都市部の矯正歯科医院では治療費が高くなりがちです。歯列矯正は治療中にも定期的にメンテナンスが必要なため、利便性が良い歯科医院は重宝されています。 ただし、治療費が安いからといって医師の技術が劣ることもありません。あなたの生活に合わせた医院選びが大切となります。

矯正治療の歴史と変遷

最古の矯正器具が発見されたのは紀元前のことです。当時から歯列を改善するための器具が用いられていたことがわかっています。 ヨーロッパや米国における矯正学の発展は著しいものであり、日本と比べると普及率も高い傾向にあります。特に、米国では移民が多いこと、さまざまなタイプの人種がいたことも普及率を高めた要因だと言われています。 近年では、今まで主流とされてきたワイヤー以外の矯正器具も増えてきました。それはマウスピース型の矯正器具で、無色透明なので着用していても周囲に気づかれることがありません。また、取り外し可能ということもあり、歯磨きをスムーズに行えるとして注目されています。 このように、矯正歯科の技術は着実に進歩しており、これからも進化していくものと考えられています。