審美歯科で歯綺麗|綺麗な歯にして眩しい笑顔を手に入れよう

改善しよう

 

歯周病の症状等について

歯周病とは、歯の周囲にある組織の一部、もしくは全てに起こる疾患の総称です。歯周疾患と呼ばれる場合もあります。歯の周囲にある組織とは、具体的に言うと歯肉、セメント質や歯槽骨、歯根膜の4つの組織の事です。これらの組織に何等かの疾患が起きると、歯周病になります。 歯周病の具体的な症状としては主に、歯肉で起きる歯肉炎や歯周炎、歯肉以外の組織で起きる非炎症性の破壊である咬合性外傷の2種類があります。 日本人の約7割の人達が、歯周に何等かの問題を抱えていると言われています。今までは歯周病は一度かかると治る事のない疾患とされてきました。しかし、近年になって研究が進んだ事により、少しずつ原因等が明らかになってきています。

具体的な改善方法等について

歯周病は最近では、生活習慣病の一つに位置付けられるようになってきています。これは、この疾患が生活習慣と密接な関わりがあるためです。例えば、食習慣や歯磨き習慣、喫煙等との関わりが深いのです。そのため、普段の生活習慣を見直して改める事が、この疾患の改善にとって重要だと言う事が出来ます。 具体的な改善方法として一番大切なのが、歯磨き習慣を見直す事です。歯磨きは多くの人が毎日のように行なう事です。しかし、正しく行なえていない人も少なくないです。正しい歯磨きの仕方は、歯磨き粉を付けた歯ブラシで、1本1本の歯を意識して磨く事がポイントになります。 現在では歯周病予防に効果的な歯磨き粉も販売されています。こうした歯磨き粉を活用する事も改善や予防にとって有効です。ただ、このような歯磨き粉は種類が多いので、自分に合った物を使う事も大切です。