審美歯科で歯綺麗|綺麗な歯にして眩しい笑顔を手に入れよう

歯の病気を防ごう

 

歯を失う原因になる歯周病

歯のトラブルの中で虫歯より深刻なのが歯周病です。虫歯の場合、症状が進行していくにつれて、歯に痛みを感じたり水がしみたりなど、自覚症状があるのに対して、歯周病の場合は自覚症状がほとんどなく、気がつかない間に進行してしまいます。歯周病は、細菌によって歯の土台の骨を侵食してしまう症状で、重症化すると歯を失うことにもなりかねません。歯周病は、歯と歯の間に残った歯垢が進行して石化する歯石になり、それに含まれる細菌が歯茎に炎症を起こし、奥深くに繁殖することが原因とされています。虫歯の原因は酸によるものですが、歯周病は細菌による炎症が原因です。しかし、どちらも歯と歯の隙間などに残った食べ物のかすなどがもとで起こっているので、正しいオーラルケアが最も重要です。

正しいブラッシングの重要性

毎日自宅で食後に正しく歯磨きができている場合、歯のトラブルはほとんど予防することができます。正しい歯磨きの仕方がわからない場合は、歯科医で指導してもらうことができますが、一日一度は食後に時間をかけて歯をていねいにブラッシングするように指導されます。歯を白くする目的の歯磨き粉は研磨剤が多く入っていることがあるので、注意が必要です。歯磨き粉の研磨剤は、歯の表面を白くきれいにする効果がありますが、同時に表面のエナメル質も削ってしまうので、長く磨くのには適した歯磨き粉とはいえません。研磨剤のあまり含まれていない歯磨き粉を選び、時間をかけてていねいにブラッシングすることが大切です。歯間ブラシやフロスなどを併用して使用すると、より効果的です。